薪ストーブ設置例

北海道S様邸

薪ストーブ名
VIGILANT(ビジラント)
販売店
サカシタペチカ

カタログをじっくり眺め、やっぱり触媒のつかないほうが良いかな・・・と選んでいただいたのがビジラント。 石炭、コークスも焚けるタイプです。 ただ住宅街では、石炭はご近所の目もあって焚くことはできませんが。 室内にはガラスドアの入ったお洒落な薪入れスペースもあります。 薪もしっかりと用意され、薪ストーブに火の入るのを楽しみにしていらっしゃいました。 煙突は口元からすべて断熱二重煙突を使用しています。

いつもショールームの前を車で通り眺めていましたが、やっと我が家にもついて、遊びに寄りやすくなりました・・と笑顔でおっしゃいます。 焚き方説明の際、”薪の場合はフロントグリルははずしても良いんですよ。” 後日、お見えになった時にはフロントグリルをはずしましたとのこと。前からも薪やクッキングスタンドも入れやすくなりました・・・。

いつもショールームの前を車で通り眺めていましたが、やっと我が家にもついて、遊びに寄りやすくなりました・・と笑顔でおっしゃいます。 焚き方説明の際、”薪の場合はフロントグリルははずしても良いんですよ。” 後日、お見えになった時にはフロントグリルをはずしましたとのこと。前からも薪やクッキングスタンドも入れやすくなりました・・・。

長年、薪を焚かれていたので、焚く手順についてはお分かりです。 ただ、今の家は気密も良いので焚く手順は少し違ってきますが。 薪は焚けてもビジランとの性能を生かしきれるかは別です。 多分うまく焚けているだろうなぁ・・・・、後日談を楽しみにしているところです。

長年、薪を焚かれていたので、焚く手順についてはお分かりです。 ただ、今の家は気密も良いので焚く手順は少し違ってきますが。 薪は焚けてもビジランとの性能を生かしきれるかは別です。 多分うまく焚けているだろうなぁ・・・・、後日談を楽しみにしているところです。

ページの先頭へ