地震に対する薪ストーブの注意事項

地震が起こったら…

1.まず身の安全を図り、揺れがおさまるまで様子をみます。

2.揺れがおさまったら、あわてず落ち着いて火力調整レバーを最後まで閉じ、ダンパーを閉めてください。また、各ドアが確実に閉まっているかを確認してください。

〈注意〉
本体に水をかけないでください。急激な温度変化を与えると鋳物等が破損する他、高温の蒸気が噴出し大変危険です。万が一出火した際は、ABC粉末消火器で安全な距離から消火を行ってください。

3.避難が必要な場合は、薪や家具などの燃えるものをできるだけ本体から離し、避難してください。

4.地震のあと、本体および煙突まわりの点検を行ってください。
変形および破損、煙突の接続、支持不良、または建物の損壊を発見した場合、そのままご使用にならず、お買い求めの販売店へご相談ください。
なお、隠蔽部等、お客様ご自身で点検が困難な場合、お買い求めの販売店へご依頼ください。

ページの先頭へ