VERMONT CASTINGS/バーモントキャスティングス

アメリカ伝統のスタイルに先進の技術が融合

1975年、ニューイングランドの森の国バーモント州で誕生したバーモントキャスティングスは、
アメリカを代表するブランドとして世界で愛され、日本でも3万台を超えるストーブがぬくもりを届けてきました。
バーモントキャスティングスの薪ストーブには、アメリカ伝統のスタイルに先進の技術が融合し、
妥協を許さない熱き想いと確かな技術が集結しています。

LINUP

  • アンコール
  • デファイアント
  • イントレピッドII
  • アスペン

STORY

薪ストーブの故郷バーモント

アメリカ北東部、カナダの国境に接し、どこまでも荘厳な山脈グリーンマウンテンに抱かれた美しい森の国、バーモント州。1年のうち9ヶ月間は暖房が必要という厳しい気候条件のもと、薪ストーブは生活の必需品でした。ニューイングランドの中でも環境保全を尊び、自然と共生しているこの地で、1975年、バーモントキャスティングスは誕生しました。

薪ストーブへの情熱が集結

遡ること2年前。「効率がよく、デザイン性に優れたストーブを作りたい」。理想的な薪ストーブへの夢を抱いた造形家であり建築家でもあるダンカン・サイムとマリー・ハウエルは、バーモント州の田舎町ランドルフに鋳物工場を設立。ここに薪ストーブへの情熱が集結することとなりました。
世界中にオイルショックの嵐が吹き荒れ、石油の価格は高騰するばかり。そんな中ついに記念すべき第1号機が完成したのです。

礎を築いた初代デファイアント

薪ストーブ博士といわれるサイムが完成させた「デファイアント」は、垂直・水平燃焼システムといわれる全く新しい燃焼機構を備えたハイテクな薪ストーブでした。
それまでの常識を超えた優れた気密性と燃焼効率を保つと同時に、古き佳き時代へのノスタルジーを感じさせる高級家具のように美しいストーブは、またたく間に全米の話題をさらいました。

ファンが集結したオーナーズピクニック

1979年、ランドルフの町に技術の粋を集めた新工場を設立。デファイアントで実証された造形、鋳造、燃焼技術の独創性と信頼性は斬新なモデル開発の原動力となり、高品質なストーブを製造し続けていきました。ユーザーへの感謝を込めて開催したオーナーズピクニックでは、予想を遥かに超える5000人ものファンが集結。バーモントキャスティングスの人気の高さを証明しました。
写真はオーナーズピクニックの記念品として配られた鋳物製の「メダリアン」です。

テクノロジーの熟成

1986年、伝統的な美しさと、他に類を見ない燃焼効率を誇る「アンコール」が登場。キャタリティックコンバスター(触媒)の燃焼システムを導入したこのストーブは、全米のみならず世界にもその名を馳せることになりました。この年にホウロウ工場が完成。今まで黒一色だったストーブに、美しい光沢を持ったホウロウ色が加わりました。

受け継がれるスピリット

一切の妥協を許さず、完璧な薪ストーブを自分たちの手で創る。ただそれだけを目指し情熱を燃やす熟練のクラフトマンたちの夢の結晶が、バーモントキャスティングスの薪ストーブです。
美しいデザインを生み出す建築家やデザイナー、燃焼についての研究を長年続け、博士ともいえる優秀な技術者、鋳物の知識・技術で右に出るものはいない鋳物のスペシャリストらの熱い想いが基盤を築いています。
伝統的なスタイルと最新テクノロジーの融合…。未来を見据え、バーモントキャスティングスは常に進化し続けています。

ALL THE PAST MODELS

  • 1975
    初代デファイアント
    初代デファイアント
    記念すべき一号機。歴史に残るストーブとしてスミソニアン博物館に常設展示
  • 1977
    初代デファイアント
    ビジラント
    デファイアントよりもひと回り小型。トップローディングを初採用
  • 1979
    初代デファイアント
    レゾリュート
    さらに小型で、1枚のフロントドアがオーブンのように上から開く
  • 1981
    初代デファイアント
    ビジラントⅡ
    鋳物だったフロントドアにガラスを採用
  • 1982
    初代デファイアント
    イントレピッド
    クラシカルなデザインの小型ストーブが登場
  • 1983
    初代デファイアント
    レゾリュートⅢ
    両開きのフロントドアにデザインが変更
  • 1986
    初代デファイアント
    アンコール
    初の触媒搭載により最も厳しいとされるオレゴン州の排気基準をクリア
  • 1987
    初代デファイアント
    イントレピッドⅡ
    触媒を採用し、EPA(アメリカ環境保護庁)の基準をクリア
  • 1987
    初代デファイアント
    ダントレス
    ベンジャミン・フランクリンが発明したストーブを近代化
  • 1988
    初代デファイアント
    レゾリュート・
    アクレイム
    片開きドアになり、優れた燃焼システムを導入
  • 1992
    初代デファイアント
    ビジラント多燃料
    石炭も燃やせる多燃料型のビジラントが誕生
  • 1997
    初代デファイアント
    イントレピッドⅡ
    ガラスが大きくなった現行モデル。さらに燃焼効率もアップ
  • 1998
    初代デファイアント
    デファイアント
    初代の名が復活した大型モデル。同時に中型のアンコールも発売
  • 1999
    初代デファイアント
    アスペン
    スリムなボックス型。最も小型のかわいいモデルが新たに登場
  • 2005
    初代デファイアント
    アンコール・
    エヴァーバーン
    非触媒タイプ。人気のアンコールと同じデザイン
  • 2013
    初代デファイアント
    アンコール
    伝統のスタイルはそのままに、新開発フレックスバーンシステムを搭載
  • 2013
    初代デファイアント
    デファイアント
    アンコールと同様の新システムを搭載し、トップクラスのクリーンな排気と高い燃焼効率を実現

CHRONOLOGY

1975

石油の価格が上がり、厳しい寒さのこの年、のちに薪ストーブ博士といわれるダンカン・サイムがバーモント州で記念すべき第一号機を完成。美しいデザイン、優れた燃焼効率を誇るこのストーブは、19世紀のワールドカップを連続優勝した有名な帆船の名前をとって「デファイアント」と名付けられた。サイムの前職は船の設計者だった。「デファイアント」はまたたく間に全米の話題をさらい、アメリカが誇る名品として世界に知られるようになった。その成功により、サイムはバーモントキャステングス社を設立するに至る。

1979

ランドルフの町に技術の粋を集めた新工場を建設。「デファイアント」で実証された造形・鋳造・燃焼技術の独創性と信頼性は、その後「ビジラント」「レゾリュート」など斬新なモデル開発への原動力となり、「バーモントキャスティングスこそ、本物の薪ストーブ」とまで言われる高い評価を得る。

1981

「オーナーズピクニック」を開催。バーモントファン5000人が集結した。以降、年1回オーナーたちが集うピクニックが開催された。

1986

キャタリティックコンバスター(触媒)の燃焼システムを導入し、高い燃焼効率を誇る「アンコール」が登場。最も厳しいとされるオレゴン州の排気基準をクリア。ホウロウ工場が完成し、黒一色だったストーブにホウロウ色が加わった。

1992

有能なエンジニアと先進の設備が導入された研究所をベセルに開設。機能もデザインも個性的な機種を開発し、バリエーション豊かにラインアップ。

2013

クリーンバーンと触媒方式を融合させた新燃焼システム「フレックスバーン」を搭載したアンコールとデファイアントを日本で発売。

ページの先頭へ