薪ストーブ設置例

愛媛県伊予市の社長宅

薪ストーブ名
ENCORE EVERBURN(アンコール・エヴァーバーン)
販売店
森の手作り工房 ムーミー

ムーミーの社長宅の「アンコールくん」我が家の人気者♪
料理が得意な薪ストーブなので、休日だけと言わず、忙しい毎日の食事もアンコールくんに手伝ってもらえるように、薪ストーブを対面式キッチンにしました♪
料理の下ごしらえをキッチンでして、下ごしらえが終わったら、薪ストーブで煮たり、焼いたり、炒めたり…♪
作業効率がとても良く、おすすめの設置場所です♪
炉壁兼カウンターも、ムーミーで製作しました☆

お味噌汁をウォーミングシェルフで保温しながら、炒め物♪
ウォーミングシェルフは、作った料理を次の料理が出来るまでの間保温したり、家族の帰りが遅い時はお鍋を保温し、いつでも温かい料理が食べられるようにしたりできるので、とっても重宝しますよ(*^^*)

炉内にオーブンプレートを敷くことで、灰受け皿に灰が落ちないようになり、灰受け皿をもうひとつのオーブンとして使用できるようになります♪
こちらは、下味をつけたスペアリブを焼いているところ♪
写真のように、薪がまだ熾きになっていない状態で、炉内で料理するには早いなぁという時にでも、灰受けのオーブンでオーブン料理が出来るのです♪

ページの先頭へ