薪ストーブ設置例

広島県のI様

薪ストーブ名
ASPEN(アスペン)
販売店
ノームGnome

2001年、永年勤めた会社を早期退職して『自由気ままな生活』をしたい!と広島県央で森の開墾からスタートした “Iさん御夫妻”。
人が何と言おうと自分流に『たわけた人生』を過ごしたい思いは自然との闘いでもあった。
今では母屋は御夫婦でセルフビルドしたログハウス。愛犬・愛馬たちの住まいも“Iさん”手作りのログハウス。そして生活道具のほとんどを自作する工房には、さりげなく冬の相棒『アスペン』が座る。実は、これが『たわけ村』2台目の薪ストーブなのだ。工房でも “やはり本物が良い!” ・・・その訳は・・・。

当初、一年目の冬は架設のスーパーハウス内で石油ストーブでの越冬。思いの他、激寒だった。二年目の冬はセルフビルドしたログハウス内で念願の薪ストーブ。しかしホームセンターで購入した「?国製」の薪ストーブは一年でリタイア。三年目の冬からは『イントレピッドNC』が大活躍を始めた。だから工房と言えども『2台目もバーモントキャスティングス』と“Iさん” は迷わなかった。

太陽が昇れば朝、太陽が沈めば夜。自然の中で春夏秋冬を、自由な自分流を楽しむ“Iさん御夫妻”の暮らす『たわけ村』では 愛犬 “ラブとマック”・ 愛馬 “ブルース”・バーモントキャスティングスの “イントレピッドNC と アスペン” も、もちろん家族の一員なのだ。

ページの先頭へ