2021.10.19

Yagoonaファイヤーボウルのバリエーションが増えました

サイズ、高さから選べるシチュエーション
ボウル+ベースの組み合わせは12通り!

炎を中心に360°からのアクセスがもたらす居心地の良い空間と、本格的な鉄板料理が楽しめるYagoonaファイヤーボウルに、新サイズがラインナップしました。

好評のボウルφ80cmに加えて、φ65cm、φ100cmを追加。ベースは2種類→5種類に。さらにボウルとベースを別売にすることで、サイズ・高さから好みのスタイルに合わせて選べるようになりました。その数12通り!
設置場所や人数を想定してボウルとベースの組み合わせを選び、シーンに合ったベストな焚火空間を作ることができます。

ボウルの種類は3種類。ミニマムに楽しむφ65cm(2〜3人)、家族や仲間と囲むのにちょうど良いφ80cm(4〜5人)、圧巻のボウル径1メートル、迫力のグリルサイズでダイナミックに調理を楽しめるφ100cm(6人〜)。
ベースはローからハイまで5種類で展開。大地に近いロースタイルのYabbi(ヤビィ)2種、ハイスタイルのGoanna(ゴアナ)は40~67cmまでの3種類をラインナップしています。


» ファイヤーボウル 組合せスペック表 ダウンロード(PDF)

 

少人数でミニマムに楽しむボウルφ65cmには「アルファグリル」が付属

今回新発売のボウルφ65の特徴として、アルファグリルが標準装備されています。
フラットな鉄板面とグリルの両方を備えたマルチプレートで、コンパクトながらバリエーションに富んだ直火調理を楽しむことができます。

MORE FROM THIS CATEGORY
新発売「グレンスフォシュのお手入れ道具」
新発売「ファイヤーサイド オリジナル 薪ストーブ用触媒」
田渕義雄 追悼遺稿集「寒山の森のエッセイ」発行
ファイヤーサイド カレンダー2022
2021-2022年版アクセサリーカタログ発行
ページの先頭へ