2022.04.12

新発売「1.0ℓトリップケトル 」

燕の技術力で実現した希少な色彩
暖かなベースから世界へ旅する小さなケトル

冬の日、ドリップのためにちょっとお湯でも、と思ったらストーブトップは大混雑中。小スペースを活用できる小さなケトルがあれば、もっと薪エネルギーの恩恵を身近な人にお裾分けできるに違いない。
そして薪ストーブをベースとして様々な場所に出かけられる商品を多くの方に届けたい!そんな想いから生まれた小さなケトルです。
(2022年5月発売)

 

薪ストーブをベースに様々な場所に

薪ストーブで湯気を上げる小さなケトルは、ストーブを起点に季節を変え場所を変え、ある時は野で山で、人の傍らに寄り添う「旅するケトル」になります。
日本の湯沸かし器の代名詞である「急須」からインスピレーションを受けたノスタルジックなデザインからは、どこか懐かしい空気が漂います。

小さなハンドルを持って傾ければ湯が思い通りの軌跡を描き、ぴしゃりと切れる湯切りも爽快です。
伝統を革新し続ける燕市で生まれた唯一無二のケトル。無垢のサテンシルバーと高度な発色技術を用いて作られたサテンブラックの2色展開です。

 

シルクに似た質感のステンレスとナノレベルで魅せる黒

サテンシルバーは、つや消し面に仕上げる加工により、シルク(絹地)に似た質感を持たせています。
サテンブラックは「黒色発色」で仕上げたつや消しのマットな質感。地のステンレスとそれを覆う酸化皮膜、二通りの反射により、表面が黒色に見える加工です。
海の深さで色が変わるように深みのある色彩は、まさに「ナノレベルで加工する技術力」で魅せる黒といえます。


(サテンシルバー)


(サテンブラック)

詳細は商品ページをご覧ください。

1.0ℓトリップケトル サテンシルバー
1.0ℓトリップケトル サテンブラック

MORE FROM THIS CATEGORY
新発売「ファイヤーサイド マルチキャリー」
新発売「ひのき舞台」
新発売「グレンスフォシュのお手入れ道具」
新発売「ファイヤーサイド オリジナル 薪ストーブ用触媒」
田渕義雄 追悼遺稿集「寒山の森のエッセイ」発行
ページの先頭へ