2010.02.14

【 アメリカの経済対策 】薪ストーブ購入者を対象に減税

アメリカ オバマ大統領の経済政策
薪ストーブへの優遇措置  ~購入者を対象に減税~

オバマ大統領就任後、
アメリカが経済刺激策として2009年2月17日に打ち出した政策のひとつが
薪ストーブや暖炉への優遇措置でした。

就任1ヶ月以内という早さで定められたこの政策は、
「ホームオーナーが燃焼効率75%以上の薪ストーブ・暖炉を購入した場合、
その購入者の税金を30%減税(上限1500ドル)、
期間は2009・2010年とする」というもの。

写真のタグは、燃焼効率75%以上の薪ストーブや暖炉に
取り付け可能となります。
出荷の際、本来は現地の工場で外されて来ますが、
たまたまついたままで運ばれ、当社の検品で発見されました。

経済刺激と同時に、環境への配慮も兼ねたこの法案は、
現在アメリカ全土で施行されています。
薪ストーブが人々の生活・文化に深く根づいているアメリカを
再確認できた内容でした。
 

MORE FROM THIS CATEGORY
Ozpigがふるさと納税の返礼品に
夏期休業のお知らせ
ファイヤーサイド 東京ショールーム営業再開のお知らせ
ファイヤーサイド 本社ショールーム・ZCOO-SHOPの営業に関しまして(3)
ゴールデンウィーク休業のお知らせ
ページの先頭へ