ファイヤーサイド グランマーコッパーケトル(小) GRANDMA'S Copper Kettle

たっぷりのお湯を素早く沸かす
風合い豊かな銅製のケトル

使い込むほどに風合いが増す人気のケトル。
銅は熱伝導がよく、底広のデザインによってお湯が早く沸くため、冬の暮らしに大活躍します。ストーブトップでたっぷり沸かして料理に使ったり、キッチンでの洗い物にも。また、アウトドアでも重宝します。
背面のハンドルに手を添えて傾ければ、大きなケトルでも簡単に注ぐことができます。

古き佳き19世紀のデザインを復刻

ファイヤーサイド代表 ポール・キャスナーがまだ幼かった頃、ネルおばあさんは毎日のように銅製のケトルでお湯を沸かしていました。

candem_map

彼女が住んでいたのは、カナダとの国境にほど近いニューイングランドのメイン州にあるカンデムという美しい町でした。
その辺りではとても人気のケトルで、オリジナルは高さが33センチもありました。

「おばあさんは96歳の時にこのケトルを私にくれました。その歴史と愛情の詰まったデザインを、日本の物づくりクオリティーで復活させたのがこのグランマーコッパーケトルです」。

» 私のお祖母さんのケトル
(ポールキャスナー・コラム/薪ストーブのある暮らしより)

MADE IN JAPAN  使いやすさと耐久性を追求

フタに「落ち止め加工」を施し、ケトルを傾けても外れにくい仕様となっています。

注ぎ口に設けた角度が水切りの役割をし、お湯がたれにくいため快適に使用できます。

本体口元の接続部分はオリジナルにならったリベット加工で、さらにロウ付けを施してあります。

ハンドルを垂直に立てた際の保持と、握りが本体に当たり熱くならないためのストッパーを2箇所に設けました。

取手と本体をつなぐパーツは強度の高い真鍮でできています。また製品に対する自信の証としてファイヤーサイドのロゴを刻印しました。

補助ハンドルの内側を中空チューブ仕様にすることでふくらみをつけ、 握りやすいデザインにしています。

品質の証として、底面にMADE IN JAPANの文字と、商品名の由来となったネルおばあさんの顔を刻印しています。

化粧箱に入れてお届けします。

ストーブトップの熱を有効活用

薪ストーブが燃えている時、天板に何も置いていないと寂しく感じませんか?  ストーブトップの熱が250~350℃もあるのにもったいない!
そんな時、まずお湯を沸かせば何かと役に立ちます。

天板にやかんを置けばいつでも紅茶やコーヒーを美味しく淹れることができます。大きいケトルでたっぷりのお湯を沸かし、それを鍋に移せばすぐに料理に使えます。

たくさんお湯があると食器洗いも助かります。流しに桶を置いて汚れたお皿をつけるとガスや電気の節約になります。蛇口からお湯を流しっぱなしにすることもなくなるので、節水にもつながります。

» お湯の恵み:ケトルレクション

キャンプシーンでも注目のケトル

熱伝導のよい銅製のケトルなら、屋外や焚き火台の上などの過酷な状況でも素早くお湯が沸きます。

お湯があれば、料理に利用したりコーヒーを入れる他にも、食器洗いに使用したりとキャンプで過ごす時間が快適になります。

簡単にお湯が手に入りづらい環境だからこそ、たっぷりと沸いたお湯はキャンプでの過ごし方にゆとりを生んでくれます。使い込むほどに風合いを増すケトルは、キャンプサイトの雰囲気を高めてくれます。

USE & CARE

ご使用後しばらくの間、赤みのある鮮やかな色に変化し、その後、徐々に落ち着いた色合いになっていきます。日々のお手入れとして水滴や指紋を乾いた布でこまめに拭き取っていただくと、ムラがなく趣のある風合いに育ちます。

緑青(ろくしょう)について
銅製品は、空気中の水や酸素、二酸化炭素と反応して皮膜が生じ、使用しているうちに緑色の緑青(ろくしょう)と呼ばれる物質が発生しますが、体に及ぼす影響はありません。気になる場合には、市販の銅製品専用磨き剤等で落としてください。

¥18,000(税別)
品番 12113

SPEC
  • サイズ:W180×D222×H240mm(本体+蓋)、ハンドルを立てた状態:H310mm 、底径180mm
  • 容量:3.3L(満水時)
  • 使用時の最大水量:2.3L(注ぎ口の下端まで)
  • 重量:1100g
  • 材質:本体/銅(内側スズメッキ)、真鍮
  • ハンドル/ステンレス、木(ブナ)
  • 薪ストーブ、ガス、焚き火で使用できます。
  • 日本製

お求めは最寄りの販売店へ SHOP >

ページの先頭へ