タクソノミー テンプレート

1.8L エニーケトル

上質な湯沸かしタイムの良き相棒
フィールドで、日常で、毎日に寄り添うコッパーケトル

「焚き火の相棒は、効率よく熱を吸収し、俊敏に湯を提供できるケトルである」。
グランマーコッパーケトルが私たちの心に灯す「育てる楽しみ」や「上質なおもてなし」を継承しながら、
湯沸かし容量1リットルを焦点にした洗練されたフォルムが誕生しました。

フタ付きの口元はススや灰の侵入を防ぎ、シャープな注ぎ口で湯切りのコントロールも気持ちよく行えます。
吊り下げ用のステンレスハンドルを備え、片手で注げる真鍮取手は使い込むほど手に馴染みます。
素材は純度99.99…%の銅。熱伝導に優れ、素早くお湯を沸かすことができます。
気の遠くなるような工程を踏み、職人が手作業で作り上げる上質な道具。
それと共に、火を眺め、湯沸かしの音に耳を傾ける静かな時間は、忙しく立ち働く私たちの心の栄養となってくれます。
エニーケトルは、フィールドで、日常で、毎日に寄り添う、いつでも(anytime)側に置きたい道具です。

湯をスムーズに運ぶ注ぎ口

胴体から滑らかに立ち上がった注ぎ口は、鳥のクチバシを思わせる特徴的な曲線を描き、湯をスムーズに流します。
湯切りのコントロールもしやすく、小さなカップにも注ぎやすい設計です。

吊り下げて安定するハンドル

ステンレス製のハンギングハンドルは、トライポッドに吊るした状態で安定感を発揮。
14cmと長めに設計されたハンドルにより縦長のラインも美しく、厚いグローブをしたままでも持ちやすくなっています。

フィールドのみならず日常使いに

エニーケトルの底径138ミリは、フィールドのみならず日常で使って欲しいと、一般的なカセットコンロやガスレンジの五徳でも使えるサイズを設計しています。
また、日頃のお手入れを考慮し、口径のサイズは手が入りやすい直径10cmに。中までしっかりと洗えます。

新潟長岡・燕の人による真摯なものづくり

かんざしや帯留めを作る「飾り職」をルーツに、高級ホテルで用いられる洋白銀食器で腕を磨いた金属加工のプロフェッショナルが手がけるコッパーシリーズ。
エニーケトルは、今までのケトルとは似て非なる製品として、新しいアプローチで作られました。
彼らアルチザン(職人)の熟練なくしては伝統技術の保持はおろか、斬新な製品の製造もままならない…。日本の財産ともいえる大切な存在です。

ファイヤーサイドのケトル 15年の歩み

2007年のグランマーコッパーケトル発売から15年。エニーケトルが新たに加わり、1.0〜5.2Lまで4サイズがラインアップ。
愛着のあるケトルを使った湯沸かしは、私たちの薪火ライフに欠かせない豊かな時間です。

左から、グランマーコッパーケトル(大)、(小)、エニーケトル、トリップケトル
左:エニーケトル、右:グランマーコッパーケトル(小)のサイズ比較

ふるさと納税の返礼品です

ファイヤーサイドが本社を置く長野県駒ヶ根市の「ふるさと納税」の返礼品として、ふるさとチョイスに掲載されました。

グランマーコッパーケトル(小)

たっぷりのお湯を素早く沸かす
風合い豊かな銅製のケトル

使い込むほどに風合いが増す銅製のケトルです。
銅は熱伝導がよく、底広のデザインによってお湯が早く沸くため、冬の暮らしに大活躍。
また、屋外や焚火台の上などの過酷な状況でも使い勝手がよく、アウトドアでも重宝します。
お湯があれば、料理に使ったりコーヒーを入れる他にも、食器洗いに利用したりとキャンプで過ごす時間が快適になります。
簡単にお湯が手に入りづらい環境だからこそ、
たっぷりと沸いたお湯はキャンプでの過ごし方にゆとりを生んでくれます。

古き佳き19世紀のデザインを復刻

ネルおばあさんのケトル

ファイヤーサイド代表 ポール・キャスナーがまだ幼かった頃、ネルおばあさんは毎日のように銅製のケトルでお湯を沸かしていました。彼女が住んでいたのは、カナダとの国境にほど近いニューイングランドのメイン州にあるカンデムという美しい町。その辺りではとても人気のケトルで、オリジナルは高さが33センチもありました。
「ネルおばあさんは96歳の時にこのケトルを私にくれました。その大切なケトルを使って薪ストーブでお湯を沸かしていた私は思いました。このケトルは最高だ。復刻できたら喜ぶ人が多いだろうなぁ…。長い歴史とおばあさんの愛情の詰まったデザインを、日本の物づくりの力で復活させたのがこのグランマーコッパーケトルです」。

時代、国を問わない普遍的なデザインであること。これもグランマーコッパーケトルの魅力です。

ものづくり400年の町に職人あり

一枚の銅板が命ある道具になるまで

越後平野に広がる金属加工の街、新潟県長岡市、燕市。
「腕がいいもの。よその腕と違う」。20代から80代まで選りすぐりの金属加工職人の知恵と工夫が駆使された純銅製品としてグランマーコッパーケトルは甦りました。
一枚の銅板が命ある道具になるには80もの工程を踏み、たずさわる職人は20人を超えます。得意を生かし、バトンを渡し、職人の点が線となって形になったケトルは、そのあまりの輝きに使うのを躊躇してしまうほどですが、火を入れ、湯を沸かし、湯気を出して初めて本当の顔が見えてきます。
「毎日使ってください。ただし手入れをお願いします」と職人は言います。使い方で表情が変わり、赤銅色、飴色、漆黒、自分色に育てる楽しみが暮らしの中に加わります。思う色にならなかったら磨いて元の姿に戻せばいい。世界に2つとないケトルは人生を共に歩む一生の道具としてあります。

動画でグランマーコッパーケトルができるまでをご紹介します。

育てて楽しむ経年変化

銅の特徴として、使い込むほどに風合いが増すエイジングの過程が楽しめます。
左は未使用のピカピカ新人。中央はストーブトップでワンシーズン使った中堅(まだまだ若いですが、 飴色に変化してきています)。右は焚火でいぶされ、深い味わいになったベテランです。

銅の殺菌作用 〜日々の暮らしにコッパーを

銅には優れた殺菌作用があります。銅イオンの微量金属作用には細菌類を死滅させる性質があり、病原性大腸菌O-157などに対する高い殺菌効果が実証されています。日々の暮らしに銅を取り入れることで衛生的に過ごせます。

ファイヤーサイドが本社を置く長野県駒ヶ根市の「ふるさと納税」の返礼品として、ふるさとチョイスに掲載されました。

ファイヤーサイドのケトル 15年の歩み

2007年のグランマーコッパーケトル発売から15年。エニーケトルが新たに加わり、1.0〜5.2Lまで4サイズがラインアップしました。
愛着のあるケトルを使った湯沸かしは、私たちの薪火ライフに欠かせない豊かな時間です。

左から、グランマーコッパーケトル(大)、(小)、エニーケトル、トリップケトル
左:エニーケトル、右:グランマーコッパーケトル(小)のサイズ比較

グランマーコッパーケトル(大)

たっぷりのお湯を素早く沸かす
風合い豊かな銅製のケトル

使い込むほどに風合いが増す銅製のケトルです。
銅は熱伝導がよく、底広のデザインによってお湯が早く沸くため、冬の暮らしに大活躍。
また、屋外や焚火台の上などの過酷な状況でも使い勝手がよく、アウトドアでも重宝します。
お湯があれば、料理に使ったりコーヒーを入れる他にも、食器洗いに利用したりとキャンプで過ごす時間が快適になります。
簡単にお湯が手に入りづらい環境だからこそ、
たっぷりと沸いたお湯はキャンプでの過ごし方にゆとりを生んでくれます。

古き佳き19世紀のデザインを復刻

ネルおばあさんのケトル

ファイヤーサイド代表 ポール・キャスナーがまだ幼かった頃、ネルおばあさんは毎日のように銅製のケトルでお湯を沸かしていました。彼女が住んでいたのは、カナダとの国境にほど近いニューイングランドのメイン州にあるカンデムという美しい町。その辺りではとても人気のケトルで、オリジナルは高さが33センチもありました。
「ネルおばあさんは96歳の時にこのケトルを私にくれました。その大切なケトルを使って薪ストーブでお湯を沸かしていた私は思いました。このケトルは最高だ。復刻できたら喜ぶ人が多いだろうなぁ…。長い歴史とおばあさんの愛情の詰まったデザインを、日本の物づくりの力で復活させたのがこのグランマーコッパーケトルです」。

時代、国を問わない普遍的なデザインであること。これもグランマーコッパーケトルの魅力です。

ものづくり400年の町に職人あり

一枚の銅板が命ある道具になるまで

越後平野に広がる金属加工の街、新潟県長岡市、燕市。
「腕がいいもの。よその腕と違う」。20代から80代まで選りすぐりの金属加工職人の知恵と工夫が駆使された純銅製品としてグランマーコッパーケトルは甦りました。
一枚の銅板が命ある道具になるには80もの工程を踏み、たずさわる職人は20人を超えます。得意を生かし、バトンを渡し、職人の点が線となって形になったケトルは、そのあまりの輝きに使うのを躊躇してしまうほどですが、火を入れ、湯を沸かし、湯気を出して初めて本当の顔が見えてきます。
「毎日使ってください。ただし手入れをお願いします」と職人は言います。使い方で表情が変わり、赤銅色、飴色、漆黒、自分色に育てる楽しみが暮らしの中に加わります。思う色にならなかったら磨いて元の姿に戻せばいい。世界に2つとないケトルは人生を共に歩む一生の道具としてあります。

動画でグランマーコッパーケトルができるまでをご紹介します。

育てて楽しむ経年変化

銅の特徴として、使い込むほどに風合いが増すエイジングの過程が楽しめます。
左は未使用のピカピカ新人。中央はストーブトップでワンシーズン使った中堅(まだまだ若いですが、 飴色に変化してきています)。右は焚火でいぶされ、深い味わいになったベテランです。

銅の殺菌作用 〜日々の暮らしにコッパーを

銅には優れた殺菌作用があります。銅イオンの微量金属作用には細菌類を死滅させる性質があり、病原性大腸菌O-157などに対する高い殺菌効果が実証されています。日々の暮らしに銅を取り入れることで衛生的に過ごせます。

コッパーシェラカップ500

へら絞りで形成する風合い豊かな銅製カップ

手馴染みのよい重量感。安定して掴めるハンドル。
使い込むほどに味わいが増す銅ならではの風合いを、
掌(たなごころ)にとってじっくり楽しめるのがコッパーシェラカップです。

アウトドア、日々の暮らし、様々なシーンで活躍

銅の特徴として熱伝導の良さがあります。火にかけると一気に熱が全体に回るため、素早くお湯を沸かしたり調理することができます。
500は底径が9.9センチあり、五徳の上に置いても安定します。大きめのハンドルはひとさし指をかけて持つと手なじみが良く、グローブをしていても握りやすい形状です。ハンドルの素材は真鍮を採用し、強度を高めています。
キャンプシーンでは調理器具として、おたま、コップ、食器代わりなど様々に活用できます。
使い込むほどに風合いを増すコッパーは、キャンプサイトの雰囲気を高めてくれます。

一枚の銅板が命ある道具になるまで

純度99.9%。職人の粋を集めたmade in JAPAN。
エイジングの過程を楽しむオンリーワン。
越後平野に広がる金属加工の街、新潟県長岡市・燕市で製造されるコッパーシェラカップは、
今や希少な技法となった「へら絞り」により一点ずつ手作りされる銅製品です。
職人が金属と対話しながら伸ばすことでストレスを与えることなく銅が締まって強くなり、
次世代まで受け継がれる一生ものの道具として命が吹き込まれます。
口当たりを重視し、口元のカール曲げにもこだわりました。

リッド(蓋)づかいで広がる調理の幅

オプション(別売)の リッド(蓋)を合わせることで、炊飯、蒸し調理などレシピの幅が広がります。
500では一合の白米を炊飯することができます。

銅の殺菌作用

銅には優れた殺菌作用があります。銅イオンの微量金属作用には細菌類を死滅させる性質があり、病原性大腸菌O-157などに対する高い殺菌効果が実証されています。日々の暮らしに銅を取り入れることで衛生的に過ごせます。

ファイヤーサイドが本社を置く長野県駒ヶ根市の「ふるさと納税」の返礼品として、ふるさとチョイスに掲載されました。

コッパーシェラカップ400

へら絞りで形成する風合い豊かな銅製カップ

手馴染みのよい重量感。安定して掴めるハンドル。
使い込むほどに味わいが増す銅ならではの風合いを、
掌(たなごころ)にとってじっくり楽しめるのがコッパーシェラカップです。

アウトドア、日々の暮らし、様々なシーンで活躍

銅の特徴として熱伝導の良さがあります。火にかけると一気に熱が全体に回るため、素早くお湯を沸かしたり調理することができます。
400はコンパクトながらも底径が8.6センチあり、五徳の上に置いても安定します。大きめのハンドルはひとさし指をかけて持つと手なじみが良く、グローブをしていても握りやすい形状です。ハンドルの素材は真鍮を採用し、強度を高めています。
キャンプシーンでは調理器具として、おたま、コップ、食器代わりなど様々に活用できます。
使い込むほどに風合いを増すコッパーは、キャンプサイトの雰囲気を高めてくれます。

一枚の銅板が命ある道具になるまで

純度99.9%。職人の粋を集めたmade in JAPAN。
エイジングの過程を楽しむオンリーワン。
越後平野に広がる金属加工の街、新潟県長岡市・燕市で製造されるコッパーシェラカップは、
今や希少な技法となった「へら絞り」により一点ずつ手作りされる銅製品です。
職人が金属と対話しながら伸ばすことでストレスを与えることなく銅が締まって強くなり、
次世代まで受け継がれる一生ものの道具として命が吹き込まれます。
口当たりを重視し、口元のカール曲げにもこだわりました。

リッド(蓋)づかいで広がる調理の幅

オプション(別売)の リッド(蓋)を合わせることで、炊飯、蒸し調理などレシピの幅が広がります。
また、早くお湯を沸かしたい時や、料理や飲み物を入れた時のホコリ避けにもなります。

銅の殺菌作用

銅には優れた殺菌作用があります。銅イオンの微量金属作用には細菌類を死滅させる性質があり、病原性大腸菌O-157などに対する高い殺菌効果が実証されています。日々の暮らしに銅を取り入れることで衛生的に過ごせます。

ファイヤーサイドが本社を置く長野県駒ヶ根市の「ふるさと納税」の返礼品として、ふるさとチョイスに掲載されました。

コッパーシェラカップ300

へら絞りで形成する風合い豊かな銅製カップ

手馴染みのよい重量感。安定して掴めるハンドル。
使い込むほどに味わいが増す銅ならではの風合いを、
掌(たなごころ)にとってじっくり楽しめるのがコッパーシェラカップです。

アウトドア、日々の暮らし、様々なシーンで活躍

銅の特徴として熱伝導の良さがあります。火にかけると一気に熱が全体に回るため、素早くお湯を沸かしたり調理することができます。
300はコンパクトながらも底径が7.7センチあり、五徳の上に置いても安定します。大きめのハンドルはひとさし指をかけて持つと手なじみが良く、グローブをしていても握りやすい形状です。ハンドルの素材は真鍮を採用し、強度を高めています。
キャンプシーンでは調理器具として、おたま、コップ、食器代わりなど様々に活用できます。
使い込むほどに風合いを増すコッパーは、キャンプサイトの雰囲気を高めてくれます。

一枚の銅板が命ある道具になるまで

純度99.9%。職人の粋を集めたmade in JAPAN。
エイジングの過程を楽しむオンリーワン。
越後平野に広がる金属加工の街、新潟県長岡市・燕市で製造されるコッパーシェラカップは、
今や希少な技法となった「へら絞り」により一点ずつ手作りされる銅製品です。
職人が金属と対話しながら伸ばすことでストレスを与えることなく銅が締まって強くなり、
次世代まで受け継がれる一生ものの道具として命が吹き込まれます。
口当たりを重視し、口元のカール曲げにもこだわりました。

リッド(蓋)づかいで広がる調理の幅

オプション(別売)の リッド(蓋)を合わせることで、炊飯、蒸し調理などレシピの幅が広がります。
また、早くお湯を沸かしたい時や、料理や飲み物を入れた時のホコリ避けにもなります。

銅の殺菌作用

銅には優れた殺菌作用があります。銅イオンの微量金属作用には細菌類を死滅させる性質があり、病原性大腸菌O-157などに対する高い殺菌効果が実証されています。日々の暮らしに銅を取り入れることで衛生的に過ごせます。

ファイヤーサイドが本社を置く長野県駒ヶ根市の「ふるさと納税」の返礼品として、ふるさとチョイスに掲載されました。

コッパーオークポット

森のどんぐりをイメージした風合い豊かな銅製鍋

へら絞りで形成される「森のどんぐり」をイメージした銅製鍋です。
熱の対流が鍋の中で循環し、ムラなく素材の旨味を行き渡らせるため、料理を美味しく仕上げます。

熱伝導がよく熱を均一に伝えるコッパーは、鍋の素材では最高峰

銅は熱伝導がよく熱を均一に伝えるため、鍋の素材では最高峰とされています。オークポットの銅厚は1.2ミリと厚く設定され、熱の対流が鍋の中で循環し、ムラなく素材の旨味を行き渡らせて料理を美味しく仕上げます。どっしりとした蓋は蒸気を逃がさず、食材の旨味を閉じ込めます。
内側に施されたスズメッキは水の雑味をなくし、味をまろやかにします。鍋のフチは真鍮のリングで補強。胴に刻まれたステップも強度を高めています。
職人の知恵と経験が生かされ、細部まで仕事された美しい曲線がこの鍋最大のデザイン的特長です。

オークポットは羽釜

すり鉢状の丸み、胴のステップ、旨味を閉じこめる蓋…オークポットは5合炊きの羽釜でもあります。
火にかけると一気に熱が全体に回って対流が起き、お米が踊ってご飯が美味しく炊き上がります。

Ozpigで直火炊き(使用にはオプションのドリップが必要です)。

一枚の銅板が命ある道具になるまで

純度99.9%。職人の粋を集めた
made in JAPAN
エイジングの過程を楽しむオンリーワン

越後平野に広がる金属加工の街、新潟県長岡市・燕市で製造されるコッパーシェラカップは、
今や希少な技法となった「へら絞り」により一点ずつ手作りされる銅製品です。
職人が金属と対話しながら伸ばすことでストレスを与えることなく銅が締まって強くなり、次世代まで受け継がれる一生ものの道具として命が吹き込まれます。ポットの表面をよく見てください。筋状に入る繊細な模様が手絞りの証です。

銅の殺菌作用

銅には優れた殺菌作用があります。銅イオンの微量金属作用には細菌類を死滅させる性質があり、病原性大腸菌O-157などに対する高い殺菌効果が実証されています。日々の暮らしに銅を取り入れることで衛生的に過ごせます。

ファイヤーサイドが本社を置く長野県駒ヶ根市の「ふるさと納税」の返礼品として、ふるさとチョイスに掲載されました。