使い方・お手入れ

銅製品

銅製品の特徴

純度の高い銅素材を使用したコッパーシリーズは、表面処理のない無垢の仕上げです(外側)。一回の使用でも熱による変色が起こるほか、素手で触れた部分に色むらが発生します。
水気がない場所に保管しても、10円玉が黒くなるように空気中の酸素と反応して徐々に変色し、緑青(ろくしょう)と呼ばれる緑色の錆が生じる場合があります。これは表面に皮膜を張ることで、内部の銅に腐食が進むことを防ぐ自然な現象で、人体には無害です。
この変色が味になり、時が色を育てるエイジングの過程が楽しめますが、気になる場合には、市販の銅製品専用磨き剤で落としてください。

使用上の注意

  • 空焚きにご注意ください。本体の変形やメッキの損傷の原因になります。
  • 一度の空焚きや少量の水による湯沸かしも本体の変形、メッキの損傷の原因になります。
  • 長時間水を入れたままにしないでください。腐食防止のため、使用後はしっかりと乾燥させてください。
  • 使用後しばらくの間、赤みのある鮮やかな色に変化し、その後、徐々に落ち着いた色合いになっていきます。
    日々のお手入れとして水滴や指紋を乾いた布でこまめに拭き取っていただくと、ムラがなく趣のある風合いに育ちます。
  • 使用の過程で白い粉状のものが付着してきますが、水道水のカルシウムが固まったものですので無害で衛生的に問題ありません。
    お手入れの際はよく洗ってください。

リペアパック(預かり修理)

コッパーシリーズでは、一生を共にする道具として末長くご使用いただけるよう、製造元の職人による修理を行っています。
修理はお買い求めの販売店へご依頼ください。

<リペアパック内容:内側メッキ再塗装+表面研磨>

空焚きやすり傷などで内側メッキが破損した場合にご利用ください。再塗装時は表面に影響するため、研磨がセットとなります。
また製品によりメッキの内容が異なります。
表面は銅本来の輝きに戻り、経年変化の味わいがリセットされますのでご了承ください。
過度な空焚きは修理できない場合があります。症状が現れた際は、お早めにご依頼ください。状態によっては再メッキできない場合があります。

<そのほかの症状>

ハンドル交換やハンダ付けが必要な場合などは、商品確認後に別途お見積もりさせていただきます。

<インド製のケトルについて>

2014年以前に製造されたインド製のグランマーコッパーケトルに関しては、リペアパック対象外となります。別途お見積りとなりますのでご相談ください。
見分け方:インド製のケトルには、ハンドルの取り付けパーツにロゴの刻印がありません。

<修理のご依頼方法>

修理はお買い求めの販売店へご依頼ください(送料はお客様負担となります)。