Firewood

“暖かさを生む主役” 薪に関する知識

薪ストーブを語る上で欠かせないのが薪。 薪ストーブライフの醍醐味は薪づくりにもあります。
調達法のヒントから燃焼データ、薪づくりのノウハウ、道具の手入れなどを紹介します。

薪の種類と必要な量

使用する薪について

温度や燃焼時間を調節するために、大きく分けて3種類を用意します。
薪を使い分けることで、薪ストーブの温度や燃焼時間を調節しやすくなります。

■ 焚き付け用の細い薪(直径約2cm前後)
■ 中くらいの薪(直径約5cm前後)
■ 長い時間燃やす為の太い薪(直径約10cm前後)

針葉樹でも大丈夫 !

薪ストーブに針葉樹は燃やせないと思っている人がいますが、それは間違いです。どんな樹木でも乾燥させてあればススはほとんど出ず、薪として使用できます。
一般的に密度の高い広葉樹は火持ちがよく、暖める力が高いのが特徴です。一方、針葉樹は広葉樹に比べ密度が低いため、薪割りがしやすく運搬も楽。着火性が高いので焚き付け用にも向いています。針葉樹と広葉樹を混ぜて使用したり、用途に合わせて使い分けるといいでしょう。

樹種比較表

理想的な水分含有率は20%以下

切られてすぐの生木は、その50%が水分です。その木を薪として燃やすには20%以下まで乾燥させることが大切になります。十分に乾燥していない薪ではストーブの性能を十分に引き出せません。暖まりにくいうえに、燃やすとクレオソートやススが多く発生し煙突内に付着。煙突掃除をこまめにしなければ煙突火災の原因にもなりかねません。

薪は割られることにより空気に触れる表面積が大きくなるので、より早く乾燥させることができます。割った薪は風通しが良く雨のあたらない屋根の下で、少なくとも12~18ヶ月は乾燥させてください。太さや樹種にもよりますが、冬に切って2年間乾燥させた薪が理想の薪といえます。

水分含有量によるエネルギーロス

水分の含有率は、完全に乾燥している薪の重さに対する水分の重さで測られます。燃焼過程で薪に含む水分を蒸発させるため、水分含有量が高い薪ほど燃焼エネルギーが奪われます。
人工乾燥した薪の総エネルギー量は、理論上1kg当たり4,800kcalです。自然乾燥の薪は水分を含んでいますので、実際の燃焼エネルギーは次のように考えられます。

一般的な薪の発熱量(1kgあたり)
● 人工乾燥薪    約 4,800kcal
● 水分含有 20%  約 3,800kcal
● 水分含有 50%  約 2,300kcal

必要な薪の量

薪ストーブでひと冬過ごすには、どのくらいの薪が必要なのでしょうか。
薪ストーブの性能、地域の気象条件、建物の構造条件、設置場所、煙突の取り付け方法等により異なりますが、おおよその目安を算出してみました。

・機種はバーモントキャスティングス アンコール♯2040で算出、1日12時間で計算。
・ファイヤーサイドのある長野県駒ケ根市で広葉樹を燃やしたデータです。針葉樹の場合は束数が増えます。
・1束=太い薪3本で算出、乾燥薪を使用しています。
・数値は家の構造や煙突形状等の条件で異なります。

自然の薪以外は燃やさない

乾燥した自然の薪以外は燃やしてはいけません。
火災の原因になるガソリン、ガスはもちろんのこと、プラスチック、紙、さらに化学物質や塩分が含まれている薪は有毒物質が発生し健康に害を及ぼすほか、ストーブや煙突の破損の原因となります。

薪づくり

薪を入手するためのヒント

作られた薪は割高です。一般的には丸太を購入して自分たちで薪を作ります。薪用の丸太は森林組合、製材所、パルプのチップ工場、林業関係者、造園家、土木及び不動産関係者等から購入することができますが、運賃コストが高いので現地調達に心がけることが肝要です。
薪エネルギーは自給自足が理想です。自分の庭、自分の土地、また山林所有者の林から持続的に薪を供給できたらどんなに素敵でしょう。

● 地元の森林組合、または営林署に問い合わせて購入する
● 薪業者(燃料屋)から購入する
● チップ工場に問い合わせるか、原木を納入している業者に卸してもらう
● 果樹園で剪定した木を譲ってもらう
● 山林地主と知り合いになり、間伐材を譲ってもらう
● 地元の役場に問い合わせて、公園の木や街路樹の剪定枝を払い下げてもらう
● 近所で家の新築工事があったら、大工さんにかけあって端材を譲ってもらう
● 別荘管理会社に問い合わせてみる

薪づくり道具

ファイヤーサイドでは、真の機能性と美を兼ね備え現代に甦ったスウェーデンの名斧グレンスフォシュ・ブルークスをはじめ、バーコのアックスなど、実用的な薪づくり道具を紹介しています。

ページの先頭へ